マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

top_06top_06_2top_06_3

毎日の生活で電気設備・機械設備は欠かすことはできません。
我社は電気設備工事、機械設備工事を通して豊かな地域社会づくりに貢献し、
また、消防設備工事を通して、人命と財産を守る安全な社会づくりにも貢献しています。

住宅用火災警報器の普及率

 みなさんこんにちは、よい季節になりましたね。今日は写真無しです。

 住宅用火災警報器について気になるニュースを見つけました
「住宅用火災警報器の普及率がまだ半分にも達していない」(4月20日10時50分配信毎日新聞より)普及率の高い札幌などは76.5%、ところが西日本は既存住宅の義務化を11年の期限いっぱいまで遅らせている市町村が多く、大半が10〜20%台だそうです。
 これは各自治体の取組み方にも問題があるのでしょうが、私の知っている町内会で積極的に普及に取り組まれているところがあります。1町内会だけではなく近隣の町内会の連合会会議で住宅用火災警報器の設置の普及に向け説明会を開いたり、注文のとりまとめをされています。
 連合会の会長さんがとにかく積極的に働いておられ災害時の緊急連絡体制や避難場所の確認をする訓練なども実施されました。
 強いリーダーシップが組織の活力を高めていく好例でしょう。

自分が動けば世界が変わる
 さてさて、これは自分も実行しなければいけないぞ

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=7177&eid=25